「高句麗壁画古墳報道写真展」

ニュースパーク 日本新聞博物館

poster for 「高句麗壁画古墳報道写真展」

このイベントは終了しました。

古代東アジアに開いた芸術の華―。ユネスコの世界遺産に登録されている北朝鮮の高句麗(こうくり)古墳群、中でも古墳壁画は当時の生活や風俗を活写し、精神世界を表現した貴重な文化財です。共同通信社は2010年と2011年、平壌(ピョンヤン)と周辺の古墳5基を独占的に取材しました。76年前に日本人研究者が発掘した高山洞コサンドン1号墳(平壌)の四神図や、最近発見され外国メディアとして初めて取材した玉桃里オクトリ古墳(南浦)の人物図などの写真を展示、過去に取材した徳興里トクフンリ古墳や安岳アナク3号墳の壁画とあわせて高句麗壁画の神髄を紹介します。また、高山洞1号墳と日本の高松塚古墳の石室を実物大で復元、展示します。

[関連イベント]
高句麗壁画古墳報道写真展開催記念講演会「高句麗壁画古墳と古代日本」
講師: 西谷正氏(福岡県立九州歴史資料館館長)
日時: 11月17日 13:30〜15:00
会場: 日本新聞博物館2F ニュースパーク・シアター
定員: 120名
参加費: 無料(入館料が必要)
申込締め切り: 11月15日(木)

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年10月06日 ~ 2012年12月16日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use