バーナード・リーチ 展

日本民芸館

poster for バーナード・リーチ 展

このイベントは終了しました。

バーナード・リーチ(1887-1979年)は、陶磁器をはじめエッチング・素描・木工作品などを創作した、20世紀英国を代表する工芸家です。香港で生まれたリーチは3歳まで日本で過ごし、10歳になると母国での教育を受けるため英国に渡ります。美術学校で絵画を学び、小泉八雲やホイッスラーなどの影響を受け、日本への関心を抱きながら多感な青年期を過ごしました。
念願の再来日は1909年リーチ22歳の時。幸運にも雑誌『白樺』の同人を始めとする、当時の芸術家や文化人と知遇を得ます。中でも、白樺派の中心メンバーであった当館創設者・柳宗悦(1889-1961年)との出会いは、その後のリーチの創作活動や思索に多大な影響をもたらしました。柳もリーチが唱える美の問題、実制作の課題から、大きな示唆を得ます。その後、柳たちが始動する民藝運動にもリーチは深くかかわっていきました。そして二人は生涯の友として互いを尊敬しあい、その友情を育んでいったのです。
1911年、陶芸の道を志したリーチは六代尾形乾山から作陶を学びます。この焼物への傾倒は、友人であった富本憲吉(1886-1963)が陶芸家をめざす契機ともなりました。1920年には濱田庄司(1894-1978)をともない帰英。セント・アイヴスに登窯を築き、作陶を開始します。爾来1979 年に歿するまで、セント・アイヴスを拠点に旺盛な創作活動を続けました。
リーチの陶芸作品の特質はその陶画にあるといえますが、その美しさは17世紀の初期伊万里やオランダ陶器そして英国のスリップウェアの絵付けに迫るといっても過言ではないでしょう。これは模様を生み出す力や、絵付けの力が脆弱になった現代から見れば奇跡のような出来事といえます。そして、多くの窯場での創作もリーチ陶芸の特徴の一つです。英国ではセント・アイヴスのほかにダーティントン。日本では、その活動範囲は全国に広がり、各地の材料や手法を活かしながらも、個性溢れる造形を生み出しました。またリーチという美の求道者を目の当たりにした作り手や、現場で活動する民藝運動の担い手にも、計り知れない教示を与えたのです。リーチは、英国人である自分と東アジア、とりわけ日本とのつながりのなかで、自作の理念を「東と西の結婚」に定めました。そして、自国での創作はもちろん、幼少期をあわせると15回に及ぶ来日を通して、それを実践していったのです。
2012年はバーナード・リーチ生誕125年、作陶100年の記念すべき年に当たります。本展はリーチの最初期のエッチングから晩年の陶磁器作品まで、当館所蔵の優品約170点を一堂に展観し、リーチの芸術活動をあらためて顕彰するものです。
私たちは詩情にあふれ、自然で温かみのあるそれらの作品を通し、東と西を超えて到達した、バーナード・リーチの理念を今も体感することができるのです。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年06月19日 ~ 2012年08月26日

アーティスト

バーナード・リーチ

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

日本民藝館新館長にデザイナー深澤直人が就任

【Art Beat News】デザインと民藝に通じる「美」のあり方とは

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use