渡辺眸 「Tenjiku」

ツァイト・フォト・サロン

poster for 渡辺眸 「Tenjiku」

このイベントは終了しました。

1939年東京生まれの渡辺眸は東京綜合写真専門学校の卒業時の制作展で「香具師の世界」を発表し、翌年、写真集『新宿コンテンポラリー』を刊行。その後、東大全共闘やテキヤを取材した作品を発表。72年に初めてインド・ネパールの地を訪れて感じた魂の源郷に惹きつけられ、85年には初個展としてその軌跡をまとめた写真展「天竺」を当サロンにて開催しました。以後、幾度かにわたりインドと日本を行き来しながら精神のドキュメントともいえる写真に取り組み続けています。30年近くを経て、再び本展「Tenjiku」にて当時のインド・ネパールを撮影したヴィンテージプリント (モノクロ・カラー) 約35点を展示致します。
[画像:渡辺眸(1972)]

メディア

スケジュール

2013年09月06日 ~ 2013年10月12日
土曜日は17:30まで、日曜日・月曜日・祝日は休廊

アーティスト

渡辺眸

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use