「うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法(デザイン)」

東京都現代美術館

poster for 「うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法(デザイン)」

このイベントは終了しました。

社会がより複雑化した21世紀に入り、デザインも大きな変化を遂げています。絶え間なく消費される「新しさ」を生むデザインとは異なり、社会に対する人々の意識に変化を与えるデザインが、今より重要性を増しているといえます。本展は、そのようなデザインの実践に焦点を当て、高度に情報化された現代社会の様々な要素や出来事を取り上げ、私たちの手にとれる形にデザインして届ける国内外のデザイナー、アーティスト、建築家、21組の表現を紹介します。領域を横断して活動する彼らの表現は、私たちが生きる世界を独自の視点と方法で読み込み、時には思いがけない発想で、普段とは異なる手触りをもたらします。視覚だけでない、より総合的な身体的体験を通じて、既存の知識体系や情報伝達のあり方を問い直し、私たちがより能動的に世界と関わる方法を探るきっかけとなることを、この展覧会は目指します。世界の捉え方が変わってしまうような驚きの体験は、うさぎを追いかけているうちに別世界に足を踏み入れてしまった不思議の国のアリスに例えることができるでしょう。うさぎは私たちをワンダーランドへ誘い、常識的な見方や固定観念に一打(スマッシュ)を与える者の象徴です。展覧会タイトル「うさぎスマッシュ」は、そのような世界に対する別の入口への誘いを意味しています。
本展覧会は、共同キュレーターにデザイン史研究における第一人者の柏木博氏を、アドバイザーとして、商品デザインから子供教育番組まで多岐にわたって活動するグラフィック・デザイナーの佐藤卓氏、および最先端のテクノロジーからデザインの未来へのミッションを洞察するMITメディア・ラボ副所長の石井裕氏を迎え、歴史、現在、未来を横断する視点でつくられています。
[画像: リヴィタル・コーエン&トゥール・ヴァン・バーレン「ライフ・サポート」(2008年)]
[関連イベント]
アーティスト・トーク
日時: 10月5日(土) 15:00〜17:30
参加作家: ブラク・アリカン、アトリエ・ワン、真鍋大度、スプツニ子!、竹村真一、シセル・トラース、ジュディ・ウェルゼイン、他 (英日逐次通訳)

石井裕 トーク
日時: 11月3日(日) 15:00〜17:00
聞き手: 佐々木俊尚

竹村真一「触れる地球」デモンストレーション&レクチャー
日時: 11月16日(土)、12月21日(土) 13:00〜14:00

フォーラム「世界に触れる方法-アートとデザインにできること」(仮題)
日時: 12月7日(土) 15:00〜17:00
スピーカー: 佐藤卓、柏木博、茂木健一郎、長谷川祐子
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use