サラ・イレンベルガー + 木之村美穂 「Reality & Fantasy」

DIESEL ART GALLERY

poster for サラ・イレンベルガー + 木之村美穂 「Reality & Fantasy」

このイベントは終了しました。

ベルリンを拠点に活動するビジュアル・アーティスト、Sarah Illenberger (サラ・イレンベルガー)は物語に命を吹きこむように、ヴィヴィッドかつユーモラスなイメージを作り出す。2011年にベルリンの出版社:ゲシュタルテンからリリースされた彼女の初の作品集『Sarah Illenberger』が、グローバルに活躍するクリエイティブ・ディレクターである木之村美穂の目に留まり、DIESEL ART GALLERYにて日本での初アート展開催に至った。果物や野菜、植物、雑誌の切り抜き、金属、テキスタイル、紙、木材などシンプルで身近な素材を巧みに使い、抜群のポップセンスを生かしながら、毛で覆われたリンゴ、タイヤのトーテムポール、ニットで作った臓器、野菜で模られたドレス、唐辛子が炎になったライター、スイカの種の雨、ザクロで作られた手榴弾、お弁当カップで出来たヘッドフォンなど、誰もが日常生活の中で見慣れた物体、風景を別の素材で表現することで、別の新たな視点を次々と生み出している。アナログな手作業によって生み出される写真、アートとグラフィックデザインの中間的作品は非常に綿密ながらも、どこか懐かしく、それでいて新しい景色を開拓してくれるはずだ。今回の展示では、2011年の秋にベルリン、ミッテ地区にあるゲシュタルテンのショップ兼ギャラリー:Gestalten Spaceで開催された『Good Weather』展でお披露目された立体オブジェクトや、サラの代表シリーズともいえる “Strange Fruits (奇妙なフルーツ)” からの作品などが会場を彩るほか、木之村美穂がベルリン現地にて撮影したサラとのコラボレーション映像を上映。

[画像: サラ・イレンベルガー]

メディア

スケジュール

2013年05月17日 ~ 2013年08月16日

Facebook

Reviews

Emily Wakeling tablog review

10 Art Spaces Open on Mondays

Not everything is closed on Mondays- here's a selection of worthwhile places and shows that can be viewed when the options seem limited.

Arina Tsukada tablog review

サラ・イレンベルガー + 木之村美穂「Reality & Fantasy」

日常生活の中から「ミステイク」を見つける ー サラ・イレンベルガーへのインタビュー

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use