「project N 54 大垣美穂子」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「project N 54 大垣美穂子」展

このイベントは終了しました。

小さな単位が集まって、ひとつの形や概念、意味、温度が生まれることに着眼して制作する大垣。満天の夜空や観衆でいっぱいのスタジアム、顕微鏡で拡大された細胞といった集合体のイメージは、膨張、飽和、収縮を経て、最終的に死を迎えるとして捉えられています。デュッセルドルフで学生生活を送り、その後長くドイツで制作した大垣は、人種を超えて共有可能な生と死、老いといった人間の根本的な事柄をダイレクトに扱います。近年は人体そのものをモチーフとすることが多く、人体を形成する肉や骨といった物質的な要素と共に、天文学的な数にのぼる人間の日々の感情の存在が興味の対象となっており、近作のシリーズは人間を語ることと宇宙を語ることは同義であるというコンセプトのもとに展開しています。
会場: 4F コリドール
[画像: 大垣美穂子 「Star Tales - white floating」(2012)]

メディア

スケジュール

2013年10月11日 ~ 2013年12月23日

アーティスト

大垣美穂子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use