「三菱一号館美術館名品選2013 - 近代への眼差し 印象派と世紀末美術 - 」

三菱一号館美術館

poster for 「三菱一号館美術館名品選2013 - 近代への眼差し 印象派と世紀末美術 - 」

このイベントは終了しました。

ルノワール、モネら印象派。そしてルドン、トゥールーズ=ロートレック、ヴァロットン。19世紀から20世紀初頭にかけて、フランス・パリを中心に、互いに刺激し合い、影響し合った画家たち――。この時代は、ヨーロッパの美術家たちが新しい表現を模索し、生み出していった、美術史上もっとも豊穣な時代のひとつであり、大きな変革期でもあります。 本展では、当館のコレクションの中から、その後の芸術に大きな影響を与えた29人の美術家たちが紡ぎ出した、夢と理想、自由の輝きに満ち溢れた作品群を展示します。収蔵後初公開を含む149点の選りすぐりの名品をご堪能ください。

[画像: ピエール=オーギュスト・ルノワール「長い髪をした若い娘(あるいは麦藁帽子の若い娘)」(1884) 油彩/カンヴァス]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年10月05日 ~ 2014年01月05日
臨時休館日: 12月28日~1月1日、1月3日(金)は18時まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use