「楽園創造(パラダイス) - 芸術と日常の新地平 - vol.5 佐藤雅晴」展

Gallery αM

poster for 「楽園創造(パラダイス) - 芸術と日常の新地平 - vol.5 佐藤雅晴」展

このイベントは終了しました。

佐藤のステートメントが、「鑑賞者」に対してやさしくないのは、作品と向き合う者一人一人に対して、一歩踏み込んだ姿勢を促そうという意図があるものと考えている。今回のアニメーションが映し出すオートメーション化した世界は、ある理想を持って努力を重ねた結果、到達してしまった、ある国の、冷徹な日常的ともいえる状況を表しだしているのだろう。それは、ある人々に言わせれば進化だが、何となくハックスリーの「すばらしい新世界」を想像させるような、あらゆる事象が計画的に遂行されたディストピアの世界を象徴的に示すものにも見えてくる。佐藤のインストラクション風のステートメントは、現在の我々が置かれている状況を、アニメーションで指し示している状況と相乗的効果を上げながら、見る者に、我々の日常を作り出している本質を考える事を要求するのである。仮にそれがディストピアであったとしても、それをはっきりと認識する以外に、明日を考える術が無いことを、佐藤は我々に冷酷に告げるのである。

[画像: 佐藤雅晴 「ダテマキ 」(2013) アニメーション]

[関連イベント]
アーティストトーク
日時: 11月2日(土) 18:00~19:00

メディア

スケジュール

2013年10月26日 ~ 2013年11月30日

オープニングパーティー 2013年11月02日19:00 から

アーティスト

佐藤雅晴

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use