「ソフィ カル - 最後のとき/最初のとき」

原美術館(東京)

poster for 「ソフィ カル - 最後のとき/最初のとき」

このイベントは終了しました。

世界中から注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィ カル。
第12回イスタンブール ビエンナーレ(2011年)で話題を呼んだ「最後のとき/最初のとき」は、失明した人々を取材し、写真と言葉で綴った「最後に見たもの」(2010年)と、生まれて初めて海を見る人々の表情を捉えた映像「海を見る」(2011年)の主に2作で構成されます。生まれつき目の見えない人々に、美のイメージとは何か、と問いかける「盲目の人々」(1986年)(注)以来追究してきた、美とは何か、見るとはどういうことかを、寄せては返す波の音とともに静かに思考します。それはまた、「私が見たもっとも美しいもの、それは海です」と答えたひとりの盲目の男性の言葉に触発された、視覚、認識に関するカルの問いの旅の、解のひとつとなりうるかもしれません。
(注) 本展では「盲目の人々」(1986年)が1点展示されます。杉本博司氏の「海景」を組み合わせた特別版(2005年)となります。

[関連イベント]
-展覧会「紡がれた言葉―ソフィ カルとミランダ ジュライ/原美術館コレクション」展
会場: ハラ ミュージアム アーク 現代美術ギャラリー(群馬県渋川市金井2855-1)
会期: 2013年3月16日(土)~6月26日(水)

-「ソフィ・カル トークショー&上映会」
本展開催に先立ち、アンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)にて、ソフィ・カルが制作・監督・出演した映画「ダブル・ブラインド」(1992年/72分)の上映会とアーティストトークを行います。
日時: 2013年3月16日(土) 16:00~
会場: アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ(東京都新宿区市谷船河原町15)
料金: 無料
※お問い合わせ、ご予約等は以下のHPをご参照ください。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo

[画像: ソフィ・カル 「海を見る」(部分) (2011) カラー写真]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年03月20日 ~ 2013年06月30日
3月20日を除く水曜日は20時まで。入館は閉館時刻の30分前まで

アーティスト

ソフィ カル

Facebook

Reviews

Emily Wakeling tablog review

10 Exhibitions to See During Golden Week

Some of the top art attractions over the coming holidays.

Xin Tahara tablog review

ゴールデンウィークに行きたい美術館10選+α!

TABでも人気の展覧会を中心にまとめました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use