「日本美術協会創立125周年 -有栖川宮・高松宮ゆかりの名品-」展

上野の森美術館

poster for 「日本美術協会創立125周年 -有栖川宮・高松宮ゆかりの名品-」展

このイベントは終了しました。

有栖川宮家、高松宮家にゆかりの美術工芸品を中心に、両宮家の歴史や宮廷の雅(みやび)の一端をご紹介します。展示は、当館で1995年に開催した「有栖川宮家、高松宮家ゆかりの名品展」で評判を呼んだ品々に加え、近年当館へ寄贈された有栖川宮家伝来のディナーセットなどで構成されます。合わせて、日本美術協会と関わりの深い作家の絵画、彫刻、工芸作品などにより、明治から昭和初期まで美術界で大きな役割を果たしてきた日本美術協会の足跡を辿ります。

[画像: 高松宮妃殿下装束]

メディア

スケジュール

2013年05月21日 ~ 2013年07月14日
10:00~17:00、金曜は19:00まで、6月17日(月)展示替えの為休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use