「魔性の女 -大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち-」展

弥生美術館

poster for  「魔性の女 -大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち-」展

このイベントは終了しました。

明治末から、大正、昭和初期にかけて日本の文学に登場した「魔性(ましょう)の女」を、当時のイラストレーションによって紹介します。泉鏡花「高野聖」の女、谷崎潤一郎「痴人の愛」のナオミ、江戸川乱歩「黒蜥蜴」(くろとかげ)の緑川夫人など、官能的な魅力によって男性を支配し、ついには破滅させる、あるいは美の追求のためなら殺人をも厭(いと)わないという「怖い魅力」を秘めたヒロインに、我々は強く惹きつけられます。時には、優しく善良なヒロインよりも強烈な魅力を感じさせられることもあるでしょう。現在では目にする機会の少ない、彼女たちの当時の絵姿を、ストーリーとともに紹介し、耽美・幻想の文学世界を楽しんでいただきます。

[画像: 橘小夢「玉藻の前」(大正末)]

[関連イベント]
ギャラリー・トーク
日時: 5月12日(日) 14:00~

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年04月04日 ~ 2013年06月30日
4月16日(火)~5月6日(月)は無休

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Exhibitions to See During the Rainy Season

Here are some ways to combine blossom-viewing and art-viewing during the wet season in Tokyo.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use