「メメント・モリ - 愛と死を見つめて - 」 展

アラタニウラノ

poster for 「メメント・モリ  - 愛と死を見つめて - 」 展

このイベントは終了しました。

杉本博司キュレーション 白金アートコンプレックス5周年合同展。
現代美術から古美術にわたる多種多様な分野を扱う各フロアが、杉本博司の出した「お題」に答えるかたちで企画展示をおこないます。

水中をゆっくりと漂う女性の姿を、微妙に濁らせた水とそれを湛えた水槽をスクリーンとして映し出されるインスタレーション、高嶺格による「水位と体内音」。重力から解放され、滑らかな水と一体となったような裸体の浮遊感と、水を使った2.5D立体画像とも言うべき奇妙な物質感が、独特の陶酔をもたらします。また、時折人体の一部だと分かる程度に抽象化された光は美しく原始的で、私たちがかつて母親の胎内にいた時の記憶を呼び覚ますようでもあります。加茂昂の複数枚のキャンバスによる巨大なペインティング「絶望と希望のあいだに道をさだめて僕は歩く」には、現実とは美しくも死と隣り合わせであるということが示唆されています。それらの作品と同時に童謡「ふるさと」と日々消費される「コンビニで売られているエロ本」を合わせた、少々アイロニカルで開放的な杉本博司の小品もお目見えします。自らを育んだ故郷・根源を思えばこそ、生と性の向こうにある死を見つめることができるのだと考えます。

[関連イベント]
-オープニング・イベント
シモーヌ深雪シャンソンライブ、杉本博司による阿部定予審調書朗読
日時: 4月13日(土)17:00 - 18:30(予定)
定員50名(要予約)
参加費: 1000円
※関連イベント詳細、申し込み方法は公式ホームページをご覧ください。

-展示会「5階 新素材研究所、小田原文化財団」
映画「愛と死をみつめて」 (監督:齋藤武市 原作:河野実・大島みち子) youtube 閲覧
※会期中、土曜日(11:00〜19:00、5/4 は祝日のため休廊)のみ開場致します。

-展示会「5階 榊田倫之建築設計事務所」
神蔵美子作品「たまゆら」より 被写体/杉本博司
作品集未発表の「バスガイドさん」を含む、「夏の日」「杉並区方南町 平成九年」など計5点を展示します。
※会期中、土曜日(11:00〜19:00、5/4 は祝日のため休廊)のみ開場致します。

[画像: 高嶺格「水位と体内音」(2004) 水槽、水、プロジェクター、シングルチャンネルビデオ]

メディア

スケジュール

2013年04月13日 ~ 2013年05月18日

オープニングパーティー 2013年04月13日18:00 から 21:00 まで

アーティスト

杉本博司高嶺格加茂昂

Facebook

Reviews

Emily Wakeling tablog review

10 Exhibitions to See During Golden Week

Some of the top art attractions over the coming holidays.

Xin Tahara tablog review

ゴールデンウィークに行きたい美術館10選+α!

TABでも人気の展覧会を中心にまとめました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use