「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展

東京ステーションギャラリー

poster for 「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展

このイベントは終了しました。

19世紀後半から20世紀初頭にかけてのベルギーでは、幻想的な夢や情動の世界を描く象徴派の画家たちが活躍する一方で、フランスの印象派に影響を受けた、エミール・クラウスを中心とするルミニスム(光輝主義)の画家たちが、自然の中で、まばゆく輝く陽光に満ちた世界を描きました。ベルギーの印象派はスーラなどの紹介により、さらに新印象主義的傾向を強めてゆき、フランスの印象派以上に「光」の表現の追求を強めていきました。こうした中で、児島虎次郎や太田喜二郎ら日本人画家がクラウスに学び、ベルギー経由で印象派を日本にもたらします。この度の展覧会では、クラウスを中心に、ベルギー、フランス、日本の印象派のそれぞれの展開とつながりを追います。

[画像: エミール・クラウス「野の少女たち」個人蔵 photo: Hugo Maertens]

[関連イベント]
「エミール・クラウスとベルギーの印象派」講演会
館長の冨田章が「ベルギーの印象派」について語ります。
日時: 6月22日(土) 14:00~15:30
会場: 東京ステーションホテル 1階「陽光」
聴講料: 1名さま 税込1000円 ※展覧会の入館料は含まれません
※東京ステーションギャラリー オリジナルグッズプレゼント
お申込方法: 6月8日(土)から当館1階受付にて受付を開始いたします。(受付時間: 10:00から閉館の30分前まで)定員になり次第締め切らせていただきます。

「エミール・クラウスとベルギーの印象派」ギャラリートーク
展覧会の見所について解説します。
日時: 7月5日(金) 16:00~(約30分)
参加方法: 申込不要・参加費無料(別途要入館料)
当日16:00に3階展示室にお集まり下さい。
※会場混雑時は参加人数を制限させていただく場合があります。

メディア

スケジュール

2013年06月08日 ~ 2013年07月15日
開館時間: 10:00~18:00、金曜日は20:00まで、7月15日(月)は開館。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use