イザベル・アキリザン + アルフレド・アキリザン 展

アートフロントギャラリー

poster for イザベル・アキリザン + アルフレド・アキリザン 展
[画像: イザベル・アキリザン、アルフレド・アキリザン 「LADE: Project Another Country」(2014) ボート、段ボールほか]

このイベントは終了しました。

日本が近代化の中で盛んに欧米の文化を取り入れ、市民の生活スタイルが急激に変わってきたように、フィリピンもかつてのスペインとアメリカの植民地時代を経て、様々な文化が複雑に交錯して成り立っている。アキリザン夫妻はこうした文化背景をアートの切り口として、身の回りの様々な物を材料として集め、そしてそれを組み合わせることを基本に作品を作ってきた。フィリピンでは日本などから要らなくなった車を分解して輸入し、車の修理にもそうした部品を使う結果、一台の車が様々な車メーカーの部品で成り立っていることがあるそうだが、2003年に彼らがベネチアに出品した作品は一見米軍の使っているようなジープに見えつつ、様々な材料の寄せ集めで出来ていた。2013年のモスクワではロシアの橇とともにスーツケースや家具などを集めて組合せ、並んで進む橇がいつの間にか巨大な戦車の行進になるインスタレーションを展示していた。日常的なものを集積することで現代のハイブリッドな文化の断層を見せるとともに、同時に政治や経済を痛烈に批判する側面も見え隠れする。
一方で製作の拠点をフィリピンからオーストラリアに移した2006年以降は自身のアイデンティティや「家」が重要なテーマになってきている。その代表作のひとつ「アナザー・カントリー」というシリーズではオーストラリアや金沢21世紀美術館、市原アート×ミックスなどそれぞれの開催場所で地域の住民と共に無数の段ボールの箱の家を作るプロジェクト。フィリピンを離れることで自分たちも本来の拠り所であった「家」を失ったこと、引っ越しの際にアーティストの子供たちに段ボールを渡して必要なものだけを選んでオーストラリアに送った話などが金沢21世紀美術館のインタビューでも語られているが、荷物、移動、新しい住み家、コミュニティなどをテーマにしながら、世界中で加速化する人々の動きと都市の形成について考えさせる作品である。
今回のアートフロントギャラリーの展覧会では展示室いっぱいに「アナザー・カントリー」を制作するとともに、家をテーマとした小作品群を準備している。アジアの現代美術を代表する作家となったこの作家にはもはや「フィリピンの作家」という背景もふさわしくないのかもしれない。彼らの作品からは地方から都市へ、アジアから欧米へ、経済を背景に地域や国境を越えて移動を続けることを宿命づけられた私達現代人にとっての「家」が見えてくるだろう。

メディア

スケジュール

2014年11月28日 ~ 2014年12月23日
休館日: 月曜日

オープニングパーティー 2014年11月28日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use