久門剛史 「Quantizeクォンタイズ」

オオタファインアーツ

poster for 久門剛史 「Quantizeクォンタイズ」

このイベントは終了しました。

オオタファインアーツでの久門剛史初個展です。サンプリングされた音や光、現象を用いてインスタレーションを制作する久門による新作を発表します。昨年は資生堂ギャラリーでの個展や、国際芸術センター青森での展示が記憶に新しいところです。本展の題名である "Quantize"(クオンタイズ)とは、電子音楽の制作における補正機能の名称です。久門のインスタレーションでは、雨風といった自然の音や家具などからヒントを得て制作された個別の現象が、リズムやヴォリュームの補正を施される事でポリフォニックな空間をつくりだします。
[画像: 久門剛史「Saturday, Work. Sunday, Picnic.」(2013)サウンド、ノートパソコン、プログラミング、スピーカー、ラジオ、スタンドライト、布、電球、蛍光等、針の先にシャーペンの芯が付いた時計、ノート、その他、400 x 500 x 300cm]

メディア

スケジュール

2014年05月24日 ~ 2014年06月28日

アーティスト

久門剛史

Facebook

Reviews

Justin Egli tablog review

Composing Chaos

Tsuyoshi Hisakado's subtle kinetic installations on view at Ota Fine Arts

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use