奈良原一高 「王国」

東京国立近代美術館

このイベントは終了しました。

奈良原一高(1931年生まれ)は、戦後に登場した世代を代表する写真家の一人として知られます。彼が1958(昭和33)年に発表した「王国」は、北海道の修道院と、和歌山の女性刑務所という、それぞれ外部と隔絶された空間に生きる人間存在を見つめた作品です。ほぼ無名の新人の個展としては例外的な反響を呼び、鮮やかなデビューとなった1956年の個展「人間の土地」に続いて、極限状況を生きる人間というテーマを深化させた本作は、日本写真批評家協会賞新人賞を受賞するなど、奈良原の評価を確立するものでした。今回の展覧会は、2010(平成22)年度に株式会社ニコンより寄贈を受けたプリント全87点により、この初期の代表作「王国」を紹介するものです。

【関連イベント】
「講演会」
日時: 2014年12月13日 (土) 14:00〜15:30 (13:30開場)
会場: 地下1階講堂
講師: 増田玲 (当館主任研究員/本展企画者)
定員: 先着150名 (申し込み不要)

「ギャラリー・トーク」
日時: 2015年1月16日 (金)・2月6日 (金) いずれも18:00〜19:00
会場: 展覧会会場
講師: 1月16日は小林美香 (当館客員研究員)、2月6日は増田玲 (当館主任研究員/本展企画者)
参加費: 無料 (要観覧券・申し込み不要)
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2014年11月18日 ~ 2015年03月01日
無料観覧日: 12月7日(日)、2015年1月2日(金)、1月4日(日)、2月1日(日)、3月1日(日)

アーティスト

奈良原一高

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use