「TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三」展

ギャラリー・間

poster for 「TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三」展

このイベントは終了しました。

建築家 丹下健三の没後10年の節目に開催する本展は、処女作「広島平和会館原爆記念陳列館」(1953年)のプロジェクト開始から初期代表作のひとつ「香川県庁舎」(1958年)完成までの10年間(1949~59年)に焦点を当て、丹下自らが撮影した35mmフィルムのコンタクトシートを通してその初期像を紹介します。本展が初公開となる70余点に及ぶコンタクトシートには、所々に自身によるトリミング指示の赤線が引かれ、若き丹下がどのように建築と対峙したのか、建築家の思索と葛藤の痕跡を生々しく伝えています。

[関連イベント]
シンポジウム: 「丹下健三没10年『今、何故、丹下なのか』を問う」
日時: 3月22日(日) 13:00開場、14:00開演、17:30終演(予定)
会場: 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
定員: 350人
出演: 豊川斎赫、土居義岳、山梨知彦、米田明、岸和郎、北山恒、内藤廣
※関連イベントお申し込みは公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年01月23日 ~ 2015年03月28日
開館日: 3月22日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use