スティーヴン・ムシン「Now, If, What, Then ‘Farming Tokyo - みんなとつくるまち’ 」 展

スパイラル

poster for スティーヴン・ムシン「Now, If, What, Then ‘Farming Tokyo  - みんなとつくるまち’ 」 展

このイベントは終了しました。

オーストラリアのメルボルンで活動しているアーティスト、スティーヴン・ムシンの日本初個展です。持続可能な未来へ向けて自身の壮大な想像力とリサーチから得た実データを基にユニークなシステムを提案し、難しく捉えがちな環境問題を皆で考えるきっかけを創出するスティーヴン・ムシン。彼が予測する未来のまちには、牛が自ら出すメタンガスを動力とする気球で飼育されていたり(画像上)、恐竜のような巨大なコンポストマシンが歩いていたり、奇抜で大げさなアイデアにも聞こえますが、彼の作品の特徴は、理論上実現が可能な範囲で構想されている所にあります。
今回展示するドローイング作品は、元来のテーマである食物連鎖や自然エネルギーの利活用のアイデアに、東京の食文化や生活スタイルなど地域に根付いた知見を取り入れるため、東京農業大学の学生とのワークショップを繰り返し行ない制作しました。そして、ドローイング作品をインスピレーションの源とし、今度は来場者が創り手となって会場に設置された壁面に未来の東京を創りあげるワークショップを開催します。会期の終わりには、皆の想いが詰まったまちのインスタレーションが完成します。

[関連イベント]
「WORKSHOP FOR CHILDREN AND FAMILIES」
ギャラリートークののち、参加者はアーティストと一緒に未来の都市像について話し合い、会場に設置されたマグネットウォ―ルに絵を描いていくプログラムです。
日時: 8月18日(月)~21日(木) 14:00~15:00、16:00~17:00
対象: 5-12 歳と保護者の方

「CREATIVE IDEAS BAR」 
スティーヴン・ムシンのスタジオさながらの会場にてクリエイティビティの源泉を共有しながら、皆で自由に未来の在り方を語り合うプログラムです。
日時: 8月20日(水)18:00~20:00

教育フォーラム「Creativity , Learning and Education」
昨今のクリエイティブ教育について、日豪における意見交換を行います。
日時: 2014年8月21日(木)17:00-18:30
会場: スパイラルガーデン(スパイラル1F)
定員: 定員50名

※逐次日本語翻訳あり
※お申込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2014年08月18日 ~ 2014年08月31日

Facebook

Reviews

Chikako Yamamoto tablog review

TAB10周年プレイベント。スティーヴン・ムシン展「Farming Tokyo」限定ワークショップ イベントレポート

10年後の都市の姿を自由に空想してみよう。自然と共生するハッピーなアイデア

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use