「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」 展

千葉市美術館

poster for 「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」 展

このイベントは終了しました。

赤瀬川原平(1937−)は、前衛美術家、漫画家・イラストレーター、小説家・エッセイスト、写真家といった複数の顔を持つ芸術家です。 前衛美術家としてその経歴をスタートした赤瀬川は、1960年、篠原有司男、吉村益信、荒川修作らとともに「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」の結成に参加。1963年には中西夏之、高松次郎と「ハイレッド・センター」の活動を開始し、「反芸術」を代表する作家となりました。またこのころ制作した一連の《模型千円札》が「通貨及証券模造取締法」違反に問われてしまい、1965年より「千円札裁判」を闘うことで、その名は現代美術界の外にも広まって行きました。同裁判の控訴審が終了した1968年頃からは、漫画家・イラストレーターの領域に活動の場を移し、『櫻画報』の成功によって一躍パロディ漫画の旗手となります。さらに70年代末より文学の世界にも本格的に足を踏み入れ、1981年には芥川賞を受賞しました。80年代以降は、「超芸術トマソン」「路上観察学会」「ライカ同盟」の連載や活動を通して、街中で発見した奇妙な物件を写真に記録・発表しました。
このように赤瀬川は、とてもひとことでは言い表せないほど多彩な活動を展開してきました。一方で、様々な分野を大胆に横断しながらも、60年代から近作まで、その制作への姿勢は一貫しています。彼は何かを表現したり、創造したりすることよりも、卓越した観察眼と思考力を駆使して、平凡な事物や常識をほんの少しズラし、転倒させることを好みます。赤瀬川原平は、その独創的な作品と発想によって、日本の現代美術史において揺るぎない地位を築く一方、いまなお若い作家たちに刺激を与え続けています。本展は、500点を超える赤瀬川の多彩な作品・資料を通して、50年におよぶ氏の活動を一望します。

[関連イベント]
トークショー「路上観察学会VSライカ同盟」
日時: 11月1日(土)15:00~
出演: 藤森照信+秋山祐徳太子+松田哲夫
定員: 150名

トークショー「原平さんは弟子の七光り」
日時: 11月15日(土)14:00~
出演: 南伸坊+久住昌之+松田哲夫
定員: 150名

トークショー「ハイレッド・センター、内科画廊とその周辺」
日時: 12月6日(土)14:00~
出演: 田名網敬一+谷川晃一+山下裕二
定員: 150名

ワークショップ「多元宇宙の缶詰」
赤瀬川の《宇宙の缶詰》をもとに、アーティストのが考案した参加型のプロジェクトです。奥村の監修のもと、参加者は《宇宙の缶詰》の自分だけのバージョンを制作します。
日時: 12月21日(日)13:00~
監修: 奥村雄樹
ゲスト: 永井均(日本大学教授)
定員: 20名

※イベントのお申込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2014年10月28日 ~ 2014年12月23日
休館日: 11月4日、12月1日

アーティスト

赤瀬川原平

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use