スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」

ポーラ ミュージアム アネックス

poster for スー・ブラックウェル  「Dwelling -すみか- 」

このイベントは終了しました。

イギリス・ロンドンを拠点におとぎ話や民話をテーマにブック・スカルプチャー(本を素材とした彫刻)という独自のスタイルで表現するアーティスト、Su Blackwell(スー・ブラックウェル)の展覧会「Dwelling -すみか- 」を開催します。ブラックウェルにとって文学作品はインスピレーションの宝庫です。本を選び、読み終えると、物語のストーリーや空気を織りなす言葉の細部に注意を払いながらページをカットしていきます。物語が展開されるページそのものを素材とし、気の遠くなるような作業を重ねながら、彼女の空想風景に命を吹き込みます。アジア初となる本展では、花と植物に関する古い本を素材に、ページ上に咲き誇る花の作品や、ガストン・バシュラールの著書『空間の詩学』※にインスピレーションを得た「Dwelling -すみか-」をテーマにした新作を含む全11点のブック・スカルプチャーによるインスタレーションを展開します。ページに書かれた物語をヒントに詩的空間を表現する彼女の作品は、古本のページを切ることによって作り出された彫刻であると同時に、立体的な絵画として私たちをイマジネーションの世界へといざないます。※ガストン・バシュラール(1884‐1962 年)フランスの哲学者、科学哲学者。著書『空間の詩学』(1957年出版)において、家や宇宙など人間をとりまくさまざまな空間は、どのような詩的イメージを喚起させるのかを説き、「トポフィリ(場所への愛)」という概念を提示した。

メディア

スケジュール

2015年04月29日 ~ 2015年06月14日

Facebook

Reviews

Emily Wakeling tablog review

10 Things in Tokyo: June Round-Up

A shortlist of exhibitions and events happening across Tokyo (and beyond) this month.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use