poster for 「造形遺産001-025」展

このイベントは終了しました。

京都工芸繊維大学で建築を学ぶ学生が取り組んだ設計課題の成果を紹介します。
日本には、様々な理由で未完成となり、そのままつくることも捨てることもできなくなった道路やダム、高架橋、トンネル、擁壁、土手、掘削跡などがたくさんあります。あるいは、一定期間、使用されたもののその後、粗大ゴミとなっている場合もあるでしょう。こうした対象を「造形遺産」と呼び、それを完成させるのでも廃棄するのでもない第三の道を考えてみる展覧会です。
建築設計、ランドスケープデザインのスキルを生かして、当初の目的にはとらわれずに有効活用するアイデアを提案します。

会場: KYOTO Design Lab東京ギャラリー

[関連イベント]
ギャラリートーク「造形遺産は公共R不動産になりますか?」
日時: 10月9日(金) 19:00〜21:00
出演者: 吉里裕也 (東京R不動産代表 ディレクター)、長坂大 (京都工芸繊維大学教授)、角田暁治 (同准教授)、木下昌大 (同助教授)
会場: アーツ千代田3331 B105マルチスペース

メディア

スケジュール

2015年09月19日 ~ 2015年10月12日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use