「古九谷展」

戸栗美術館

poster for 「古九谷展」

このイベントは終了しました。

古九谷様式には、実に様々な作風が見られます。中国磁器の幾何学文様を淡い色調で模したもの、中国絵画の画題を鮮やかな色調で描いたもの、また、小袖や屏風絵を思わせる意匠を濃い色調であらわしたものなど。中でも目をひくのは、濃厚な色彩を用いた大皿の存在です。古九谷様式の大皿は、大胆な文様構成と色遣い、密に描きこまれた縁文様や地文様など、それぞれに異彩を放ち、観るものを圧倒する存在感があります。今展は、古九谷様式の色絵大皿を中心とした名品、同時代の伊万里焼をあわせて約80点展示。色絵の誕生と技術革新の中で生み出された、17世紀中期の多様な表現をご紹介致します。

メディア

スケジュール

2015年07月04日 ~ 2015年09月23日

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

The First 100 Years of Japanese Porcelain

The Toguri Museum of Art offers a yearlong look at the evolution of Imari ware.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use