F/T15 アジアシリーズ vol.2 ミャンマー特集 「ラウンドアバウト・イン・ヤンゴン」

アサヒ・アートスクエア

poster for F/T15 アジアシリーズ vol.2 ミャンマー特集 「ラウンドアバウト・イン・ヤンゴン」

このイベントは終了しました。

2011年の文民政権の発足を機に民主化の進むミャンマー。表現規制の緩和やインターネットの普及など、アートをめぐる環境も大きく変わりつつある。今回のアジアシリーズでは、ミャンマーの現代アートシーンを代表する3人のアーティストを招聘、三者三様の表現から、ミャンマーの「いま」を探り出す。映画『The Monk』で世界的な評価を得たティーモーナインは、自らの詩をもとにインスタレーションや映像作品を制作するアーティスト。マルチメディア作品が主流の現代ミャンマーのアートの中でも「詩」は、重要なキーワード。今回は作品の展示に加え、関連のパフォーマンスも上演する。演劇の分野で独自路線を行くのは、現代社会を風刺したメッセージ性の強い演劇作品を上演するニャンリンテッ。寺院の祭で上演される音楽劇「ザッポエ」が主流のミャンマーにあって、オリジナル作品に加え、ヨーロッパの戯曲を自ら翻訳上演するなど、画期的な活動を続ける彼とその劇団Theatre of the Disturbedは、現代ミャンマー演劇の始祖といえるかもしれない。そして、音楽シーンにおいて、伝統と現代文化の融合を試みるのがターソー。宗教儀礼などで使われる打楽器群「サインワイン」が奏でる伝統音楽をミックスしたクラブミュージックを制作する彼が、伝統舞踊のダンサーをしたがえ、展開するライブパフォーマンスに期待が高まる。会場の構成は、数寄屋大工としての経験に加え、ミャンマーの伝統産業とのかかわりも持つ建築家・美術家の佐野文彦が担当、文化的アイデンティティを共有しつつ、異なる道を進んでいくアーティストたちの「ラウンドアバウト」(環状交差点)を演出する。

[イベント詳細]
【Aプログラム】
出演: ティーモーナイン(パフォーマンス、インスタレーション、映像作品)、ニャンリンテッ(演劇作品)
上演時間: 1時間15分(休憩あり・予定)
上演言語: ミャンマー語(日本語字幕あり)

【Bプログラム】
出演: ターソー(音楽ライブ)
上演時間: 1時間(休憩なし・予定)

※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2015年11月13日 ~ 2015年11月15日
Aプログラムは11月13日(金) 15:00開演、11月14日(土) 15:00開演、11月15日(日) 15:00開演。Bプログラムは11月13日(金) 19:30開演、11月14日(土) 19:30開演

Facebook

Reviews

Emma Ota tablog review

10 Things in Tokyo: November Round-Up

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

Art Beat News tablog review

アサヒビールが運営する「アサヒ・アートスクエア」2016年3月末で閉館

【Art Beat News】同社のメセナ活動の発信拠点として26年間運営も老朽化により

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use