中藤毅彦 「Berlin 1999+2014」

ときの忘れもの

poster for 中藤毅彦 「Berlin 1999+2014」

このイベントは終了しました。

写真家・中藤毅彦は、世界各地の都市を訪れ、それぞれの都市の違いに興味を惹かれ、一貫してストリートスナップを撮り続けています。2001年に初めて東欧の旧社会主義国を訪れてからは、さらに都市の持つ歴史的意味合いにも思いを馳せるようになりました。2014年に出版した『STREET RAMBLER』(ギャラリー・ニエプス刊)には、キューバの首都ハバナに始まり、ニューヨーク、モスクワ、上海、パリ、ベルリン、東京の20世紀に劇的な変化を遂げた各都市の姿が収録されており、本写真集で2015年の第24回林忠彦賞を受賞しました。本展では1999年と2014年の15年の年月を隔てたベルリンの都市や人々を撮影した写真作品を約25点出品します。

[関連イベント]
中藤毅彦×金子隆一(写真史家)ギャラリートーク
日時: 1月9日(土) 18:00〜
参加費: 1000円
※要予約

※関連イベントの詳細は公式ホームページでご確認ください。

メディア

スケジュール

2016年01月06日 ~ 2016年01月16日

アーティスト

中藤毅彦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use