「サイ・トゥオンブリーの写真- 変奏のリリシズム -」

DIC川村記念美術館

poster for 「サイ・トゥオンブリーの写真- 変奏のリリシズム -」
[画像: サイ・トゥオンブリー「未完成の絵」(2006) カラードライプリント、厚紙 個人蔵 ©Nicola Del Roscio Foundation, Courtesy Nicola Del Roscio Archives]

このイベントは終了しました。

サイ・トゥオンブリー(1928-2011)は、落書きのような独特の作風で知られるアメリカの芸術家です。ギリシャ・ローマの神話や古典を好んで詩的な作品を次々に生み出し、21世紀の美術にも影響を与えています。晩年はルーブルの天井画を手がけるなど、その創作は移住先のローマで逝去するまで続けられました。本展はトゥオンブリーの初期から晩年の写真約100点を核とし、絵画・彫刻・素描・版画もご紹介します。

[関連イベント]
講演会「サイ・トゥオンブリーの写真」
登壇者: 清水穣(写真評論家、同志社大学教授)
日時: 5月28日(土)13:30-15:00
整理券要予約(空席がある場合は当日配布あり)
13:00館内受付で整理券配布|定員50名|入館料のみ

ゲストによるギャラリートーク
本展のカタログ、宣伝物などの制作を担当した田中義久氏は写真に関係したグラフィックデザインを多く手がけると同時に、アーティストデュオNerholとしての活動も注目されています。田中氏と親交のあるホンマタカシ氏はファインアートとコマーシャルの第一線で活躍し、現代日本を代表する写真家です。それぞれの領域で写真に携わるお二人に、展覧会場でトゥオンブリーの写真についてお話しいただきます。
ゲスト: 田中義久(グラフィックデザイナー/Nerhol)+ホンマタカシ(写真家)
日時: 7月23日(土)13:30-15:00
予約不要|13:30エントランスホール集合|定員60名|入館料のみ

※関連イベントの詳細・お申し込みは公式ホームページをご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年04月23日 ~ 2016年08月28日

Facebook

Reviews

Emma Ota tablog review

10 Things in Tokyo: July 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use