ライアン・マッギンレー 「BODY LOUD!」

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for ライアン・マッギンレー 「BODY LOUD!」
[画像: ライアン・マッギンレー「Jacob (Red Blueberry)」(2015) Cプリント ©Ryan McGinley Courtesy the artist and Team Gallery, New York]

このイベントは終了しました。

いま「アメリカで最も重要な写真家」と高く評価されるライアン・マッギンレー。ロックバンド、シガー・ロスのCDジャケットにも彼の作品が使われ、また、美術雑誌やファッション誌にインタビューや特集記事が掲載されるなど、世界はもちろん日本にもファンは多く、ますますその名前と影響力が知られるようになってきています。マッギンレーの作品に登場する人物たちは、そのほとんどがヌードです。とくに特徴的なのが、見渡すかぎりの広大な草原のなかを疾走し、小高い木の上から飛び、雪原に横たわる全裸の被写体たちの奇妙な行為です。彼らは皆プロのモデルではなく、マッギンレーは、衣服を脱いだ彼らがふと垣間みせる一瞬のふるまいを作品にしています。マッギンレーのヌード写真は、表面的な美しさと言うよりも、日常の制約や束縛から解放された精神の自由を捉えているといえるでしょう。
また、マッギンレーはイギリスのミュージシャンで、「ザ・スミス」の元ヴォーカリスト、モリッシーの大ファンとしても知られています。モリッシーの歌詞に込められた自由や反抗の精神は、マッギンレーの作品にも深く通ずるものがあるでしょう。モリッシーの北米ツアーに同行して撮影した作品から、熱狂的なファンがみせる夢見る表情、その場の昂揚感などがダイレクトに伝わってきます。日本の美術館では初となる待望の個展、約20mのインスタレーション「YEARBOOK」を含め、作家自選による、初期から最新作までの約50点とその全貌を紹介します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年04月16日 ~ 2016年07月10日
月曜日は休館(5月2日は開館)

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: June 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

Xin Tahara tablog review

ゴールデンウィークに行きたい美術館・ギャラリー10選!

Tokyo Art Beatの人気スポット、穴場な展覧会を抜粋!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use