鷹野隆大 「距離と時間」

ナディッフ アパート

poster for 鷹野隆大 「距離と時間」
[画像: ©Ryudai Takano, Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon]

このイベントは終了しました。

鷹野隆大は写真、映像による作品で、私たちの慣習を形成する社会的・歴史的なまなざしについての批評的な考察から、「セクシュアリティ」「都市」「近代」等といったテーマを基軸とした作品を多数発表してきました。1998年から現在まで一日も欠かさず撮り続けている「毎日写真」というシリーズは、「なんとなく気になったもの」だという日々の異なる時間の中で巡り合う、様々な対象を分け隔てなく撮影するというもので、人の眼がその時々で見ているとりとめがない離散的な個別性を扱いつつ、視覚そのものを類型化することへの抵抗をその制作態度から示しているともいえる作品です。
本展では、私たちの世界の多種多様な様態を写し取っている「毎日写真」シリーズと、光をテーマにモノクロ・フィルムで撮影している「Photo-Graph」シリーズから、「距離」「時間」という2つのテーマで選び取った作品により展示構成を行います。身近な被写体であるという理由から断続的に定点観測し撮影している東京タワー、そしてセルフポートレートによる「時間」をテーマにした作品では、写真を時系列に連続して配置させることで、対象の物質的、肉体的な変質が、写真と写真のあいだに介在しているかもしれない目に見えない差異を感知させ、写真という静止画からとりこぼれた時の経過が汲み取られています。もうひとつの「距離」をテーマにした作品は、街を行き交う人々の往来や建物が路面に落とす影そのものを捉え、影単体によって生まれる空間の「距離」を写し出そうとするものです。同時に、鑑賞者がどの距離で作品を見るのが適正か、という問いかけもこの作品は内包しており、見る人の身体にも訴えかけるものとなっています。「時間」「距離」という、いずれも物質的な輪郭を持たない対象について、極めて視覚的なメディアである写真を媒介して顕わそうとする実験的な試みであると共に、鷹野の写真特有の視触的な生々しさの精緻な表現や、人間の気配を感覚させるスナップの魅力も備えた内容となっています。新たな展開へと進み始めた鷹野の新作展をご高覧いただけましたら幸いです。
本展は、鷹野隆大の2年ぶりの個展であると共に、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京・新宿)で行われる「光の欠落が地面に届くとき 距離が奪われ距離が生まれる」との同時開催展となり、同名の写真集も限定部数で発売となります。

メディア

スケジュール

2016年11月26日 ~ 2017年01月09日

アーティスト

鷹野隆大

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use