篠山紀信 「快楽の館」

原美術館(東京)

poster for 篠山紀信 「快楽の館」
[画像: 篠山紀信 「快楽の館」 (2016) ©Kishin Shinoyama 2016]

このイベントは終了しました。

原美術館にて、1960年代から現在まで常に写真界の先頭を走り続けてきた篠山紀信の個展が開催されます。美術館での篠山紀信展といえば、「篠山紀信 写真力」展が2012年以来全国各地の美術館を巡回中ですが、本展はまったく異なるコンセプトにより、原美術館だけで開催するユニークな展覧会です。本展のテーマは、1938年完成の邸宅が元になった原美術館を、篠山紀信がカメラによって《快楽の館》に変貌させることにあります。出品作品はすべて撮り下ろしの新作で、およそ30名にものぼるモデルを起用したヌード写真で構成されています。しかも、それらは1点残らずこの原美術館で撮ったものなのです。実在の空間と展示された写真の中の空間が交錯し、紡ぎだす恥美で幻惑的な世界をぜひご覧ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年09月03日 ~ 2017年01月09日
開館時間: 11:00~17:00、水曜日は20:00まで開館、水曜日祝日の場合は17時閉館、年末年始12月26日~1月4日は休館

アーティスト

篠山紀信

Facebook

Reviews

TABインターン tablog review

アートの中のオンナたち —原美術館「快楽の館」編—

アートの中における「女性」の表現を考える。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use