「Welcome to the A W E S O M E M A N S I O N」展

山本現代

poster for 「Welcome to the A W E S O M E M A N S I O N」展
[画像: ナイル・ケティング 「Person」 (2014) ©Nile KOETTING ]

このイベントは終了しました。

ナイル・ケティングはベルリン在住で、様々なマテリアル・メディアを先駆的に使うアーティストで、先般森美術館で開催された六本木クロッシングに出展、現在はドイツ・カールスルーエのZKMの企画展GLOBALE: New Sensoriumに参加中です。 また、今津景は歴史的美術作品をモチーフにイメージの転換と組換えを「絵画」の中で展開するペインターです。 小林耕平は本年のあいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭(秋)にも参加、ヴィデオとインスタレーションを主軸にした未知の思考を探究する作品展開をしています。 宇治野宗輝は家電等の大量生産される製品を用い、サウンド・インスタレーションに昇華する作品「ザ・ローテーターズ・シリーズ」を続投、近年ナムジュンパイクセンターやバンクーバーアートセンターで企画展に参加するなど国際的に活躍しているアーティストです。
本展では、ナイル・ケティングはオブジェクトを、今津景は新作巨大ペインティングを発表、また小林耕平のヴィデオ作品、そして本展に合わせ宇治野宗輝の、さながらリビングルームのようなローテーターシリーズのインスタレーションなどを展開いたします。

[関連イベント]
オープニングレセプション
日時: 9月10日(土)18:00~20:00

メディア

スケジュール

2016年09月10日 ~ 2016年10月15日

オープニングパーティー 2016年09月10日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

9月10日、天王洲アイルに新スペース「TERRADA Art Complex」がオープン!

児玉画廊、URANO、山本現代、ユカ・ツルノ・ギャラリー、作家のアトリエスペースが入居するアートの新拠点

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use