篠塚聖哉 「Old Days」

アンドーギャラリー

poster for 篠塚聖哉 「Old Days」
[画像: 篠塚聖哉「Step」(2015) キャンバスに油彩 45.5x53cm]

このイベントは終了しました。

篠塚聖哉は1970年熊本県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業。主な展覧会に2006年「MOTアニュアル2006 No Border「日本画」から/「日本画」へ」(東京都現代美術館)、2008年「ピクニックあるいは回遊」(熊本市現代美術館)、2014年「草原」(つなぎ美術館)などがあります。
つなぎ美術館(熊本県)の個展を終えた篠塚は、半年間日本各地を旅しました。今回の作品は旅の中で印象的だったものを描いています。その記憶を絵画にするために、頭の中にあるイメージを引き出そうとしたとき、そのものが本来持つべき固有色や名前が抜け落ち、特徴の一部が失われることに気づいたと言います。「石」、「木」という名前が抜け落ち、そのときの周りの出来事や自分の行動がイメージとして残るのです。石を描いたものは「踏む」、木を描いたものは「花粉」というように。篠塚の作品を観るとき、鑑賞者は無意識のうちに自身の記憶を補完して作品と向き合います。その補完を繰り返す中で、画面には描かれていない篠塚の記憶とつながったとき、絵画は有機性を帯びて静かに語りかけてくるでしょう。
本展では、45.5×53㎝のキャンバスに油彩で描かれた新作絵画19点余りを展示いたします。これまでの作品よりもマチエールが繊細になり、それに伴ってデリケートな形が立ち現れてきました。その絵画は私たちに深い内省を促しているかのようです。新たな境地を切り拓く篠塚の新作をどうぞご高覧ください。

メディア

スケジュール

2016年02月02日 ~ 2016年04月30日

オープニングパーティー 2016年02月02日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

篠塚聖哉

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use