「総合開館20周年記念 東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」展

東京都写真美術館

poster for 「総合開館20周年記念 東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」展
[画像: 中藤毅彦 「STREET RAMBLER」より (2015) インクジェット・プリント]

このイベントは終了しました。

東京都写真美術館は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘し、新しい創造活動の場となるよう、さまざまな事業を展開しています。その中核となるのが、毎年異なるテーマを決めて開催している「日本の新進作家」展です。シリーズ第13回目となる本展は「東京」をテーマとして、東京というメガ・シティに対してアプローチしている現代作家たちをとりあげていきます。東京は世界有数の都市として認知されています。しかし東京というとメディアに表現されるような、足早に大勢の人々が交差点で行き交うような風景だけではありません。人々が生活し、変化し続ける都市でもあります。写真技術が輸入されてから、多くの写真師、写真家によって記録され続けていた都市ですが、現在の写真家たちの眼にどのような形で映っているのでしょうか。今回は6人の新進作家による表現された「東京」をテーマにした展覧会を開催いたします。
東京都写真美術館では、「東京を表現、記録した国内外の写真作品を収集する」という収集方針があり、同時開催として、当館のコレクションによる「東京」をテーマとした収蔵品展を行います。

[関連イベント]
作家とゲストによる対談
日時・講師:
11月26日(土) 14:00~15:30  元田敬三×石川竜一(写真家)
11月27日(日) 14:00~15:30  小島康敬×小林美香(東京国立近代美術館客員研究員)
12月4日(日) 14:00~15:30  田代一倫×倉石信乃(明治大学教授)
12月10日(土) 14:00~15:30  中藤毅彦×田原桂一(写真家)
12月11日(日) 14:00~15:30  佐藤信太郎×大西みつぐ(写真家)
12月23日(金・祝) 14:00~15:30 野村恵子×石川直樹(写真家)
会場: 東京都写真美術館 2階ロビー
定員: 各回50名
※当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します。

展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
日時: 11月25日(金) 、12月9日(金)、12月23日(金・祝)、1月13日(金)、1月27日(金) 各回14:00~
※展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、3階展示室入口にお集まりください。

メディア

スケジュール

2016年11月22日 ~ 2017年01月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use