「生きるアート 折元立身」展

川崎市市民ミュージアム

poster for 「生きるアート 折元立身」展
[画像: 折元立身「パン人間の息子+アルツハイマー・ママ」(1996)]

このイベントは終了しました。

折元立身(1946年川崎生れ、川崎市在住)は、パフォーマンス・アーティストとして、ヴェネチア・ビエンナーレを始め現代美術の前線で、40年以上に渡り、国際的な活動を繰り広げてきました。その作品は、ひとを驚かせるユニークな発想に満ちています。90年代には、顔一面にフランスパンを付けた異形で世界各地を旅し、現地の人々と交流した「パン人間」の路上パフォーマンスで注目されます。90年代後半には、自身が介護するアルツハイマー症の母を作品に登場させた「アート・ママ」のシリーズで世界的に知られるようになり、愛する母とのコレボレーションによる作家活動としてテレビや新聞・雑誌などでも取り上げられました。
折元の作品は、さまざまなひとびと(世界各地の道行く人々、介護する母、おばあさんたち、入院している人々…)との即興的なふれあいを通して生まれます。ふれあいの対象は、人間にとどまらず動物たち(うさぎ、豚、鶏、アルパカ、あひる、魚…)にまで及び、生きとし生けるものとのコミュニケーションをアートにするという独創的な世界を切り開きました。本展では、著しい進境を見せた1990年代から今日までとどまることなく繰り広げられてきた折元の創作の軌跡を、映像、写真、グラフィック、ドローイングといった多彩な表現で紹介します。

[関連イベント]
なんでもキャンバス!身近なものに絵をかいてみよう!
折元さんにとっては、日常生活がアートの源泉です。ビンやコップなど身の回りの物に絵をかく参加体験型ワークショップです。
日時: 5月5日 13:00~15:30
会場:1階 逍遥展示空間
講師:川口珠生(現代美術家)
対象:小学生以上※低学年は保護者同伴
定員:20名(要・事前申込。先着順)
参加費:500円

対談 折元立身×山下里加 「折元さんを知る」
アートジャーナリストの山下里加さんを聞き手に迎え、折元さんのアートの発想やこれまでの活動についての対談を行います。
日時地: 5月7日 14:00~15:30
会場: 3階 ミニホール
定員: 40名(要・事前申込。先着順)
参加費: 無料

トーク&ギャラリーツアー「折元さんと見る」
折元さんの解説付きで、企画展『生きるアート 折元立身』の展示会場を歩き、作家とトークしながら展示を見るツアーです。
日時: 5月14日 14:00~15:00
※当日の展覧会観覧券(有料)が必要となります。

新作パフォーマンス発表「車いすのストレス」
母を介護する折元さんにとって、車いすは不可欠なものですが、ときに介護から自由になりたいと思うこともあります。車いすにその思いをぶつけます。
日時: 6月11日 14:00~15:00
会場:1階 逍遥展示空間
パフォーマー: 折元立身
参加費: 無料

アーティストトーク「折元さんに聞く」
企画展「生きるアート 折元立身」の作家、折元さんが自らのアートについて語ります。また、来場者からの質問にお答えします。
日時: 6月25日 14:00~15:30
会場: 3階 研修室3
講師: 折元立身
定員: 30名(要・事前申込。先着順)
参加費: 無料

※関連イベントの詳細お申込みは公式ホームページをご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2016年04月29日 ~ 2016年07月03日

アーティスト

折元立身

Facebook

Reviews

Emma Ota tablog review

10 Things in Tokyo: May 2016

A short list of events and exhibitions happening in Tokyo and beyond this month.

Calum Sutherland tablog review

The First and Last

Tatsumi Orimoto brings his absurdist brand of humanism home to the Kawasaki City Museum.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use