「岡山芸術交流2016」

旧後楽館天神校舎跡地

poster for 「岡山芸術交流2016」

このイベントは終了しました。

岡山芸術交流は、芸術を通じて国境や文化、世代を超えた様々な交流が生まれることをめざす大型国際展覧会です。世界16カ国から31組のアーティストたちが集結する第1回目はアーティスティックディレクターに、イギリス出身でニューヨークを拠点に世界で活躍するアーティスト、リアム・ギリックを迎えました。
彫刻や映像作品、屋内外での大型展示や執筆活動、展覧会の企画を通じて常に、人と社会との関係性を問い直してきたギリック。彼が第1回岡山芸術交流のテーマとして掲げたのは「開発」。見慣れた日常の風景のなかに突如出現する映像や大型インスタレーション、日本初公開となる作品や、アーティストが事前に岡山を訪れて制作した、ここでこそ生まれた貴重な作品も展示します。会場を巡るなかで、作品を見るだけではなくアーティストの思考に遭遇し、時間や歴史、国境などを行き来するような芸術交流ともいえる体験が岡山からはじまります。

メディア

スケジュール

2016年10月09日 ~ 2016年11月27日

Facebook

Reviews

Natsuki Morooka tablog review

ハードコア現代アートの祭典「岡山芸術交流 2016」を巡る

荒木悠、サイモン・フジワラ、ライアン・ガンダー、島袋道浩など最新の現代アートシーンを先導するプレイヤーが岡山市に集う

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use