「アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの『ポエティクス/ストラクチャー』」

NTTインターコミュニケーション・センター

20%

off!

poster for 「アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの『ポエティクス/ストラクチャー』」
[画像: 真鍋大度+石橋素「rate-shadow」(2016)(参考図版、パリ日本文化会館「創意のランドスケープ」展展示風景) Photo by Motoi Ishibashi(Rhizomatiks Reasearch)]

61日後終了

アート+コムならびにライゾマティクスリサーチは、メディア・アートとクライアント・ワークとしての空間デザインやエンターテインメントの領域を結びつけ、広くメディア・アートが基盤としてきたテクノロジーによる表現を社会の中で機能させる実践を行なっているという共通点を持つ組織です。アーティストやデザイナー、プログラマー、プロダクト・デザイナーといった職能、あるいは、建築、数学、工学などの多様なバックグラウンドをもつスタッフを擁した、学際的なチームワークによる集団であること。また、リサーチ(研究開発)セクションを設け、そうした活動の中から、技術的な開発やアップデートを自身の手で行ない、新しい芸術表現を生み出していくということでも共通しています。
また、アート+コムとライゾマティクスはキャリアとして20年近い差がありますが、ライゾマティクスの中心メンバーたちは、アート+コムのこれまでの仕事や作品の数々に刺激を受け、触発され、それを受容してきた世代にあたります。そして現在では、お互いにその仕事に注目しあうような関係となっています。本展は,両者の作品の特徴を,プログラムによる光や映像と動きや運動をともなう実空間での物質的な現前の融合ととらえ、そこから「光と動き」という要素を抽出しました。それらの要素を二組のチームがどのように表現しているかを、「ポエティクス(詩学)」、「ストラクチャー(構造)」をテーマに二つのスペクタキュラーな作品において展観します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年01月14日 ~ 2017年03月20日
金曜日,土曜日は20:00まで開館。2月12日休館

入場料

一般・大学生 500円、高校生以下無料

アートスペースの開館時間

11:00から18:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は翌日

アクセス

〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
電話: 0120-144199

京王新線初台駅東口から徒歩2分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use