テリ・ワイフェンバック「The May Sun」

IZU PHOTO MUSEUM

200円

off!

poster for テリ・ワイフェンバック「The May Sun」
[画像: テリ・ワイフェンバック「The May Sun」(2015)]

94日後終了

アメリカの写真家テリ・ワイフェンバック(1957年-)の、国内外の美術館として初となる個展を開催いたします。ワイフェンバックはメリーランド大学で絵画を学んだ後、1970 年代より写真制作を始めました。過去に出版された15冊の彼女の写真集はこれまで高い評価を得てきました。
本展覧会は、2005年に写真集として発表された代表作のひとつである「The Politics of Flowers」とワイフェンバックがIZU PHOTO MUSEUMに長期滞在し制作したシリーズ「The May Sun」を中心に構成されます。「The Politics of Flowers」は、2003年に最愛の母を亡くしたワイフェンバックが、パレスチナに咲く花を採集して作られた19世紀の押し花帳『Pressed Flowers from the Holy Land』と出会ったのを機に制作されました。この押し花帳に収められた花々は、紛争の絶えないパレスチナの地で生きることの過酷さや、他者の死とどのように向き合うことができるのかということをワイフェンバックに語りかけてきました。彼女は、押し花が語るその言葉をひとつひとつ丁寧に汲み上げていきます。
また初公開作品である「The May Sun」や、柿田川湧水(静岡県・清水町)で撮影された映像作品等も合わせ、約110点を展示いたします。

[関連イベント]
1. オープニングトークイベント
登壇者: 金子隆一(写真史家)、テリ・ワイフェンバック
日時: 4 月9日(日)15:30-17:00
場所: クレマチスの丘ホール(美術館より徒歩2分)
料金: 当日有効の入館券のみ必要です。
参加方法: お電話にてお申し込みください。
クレマチスの丘コミュニケーションセンター Tel. 055-989-8780(水曜休)

2. 第3回『Photographers’ Workshop』
Part 1 テリ・ワイフェンバック「Selection and Sequencing for Your Book」
日時: 2017年4月23日(日) 12:30~17:00
対象: 写真作品の制作経験のある方 
定員: 9名(先着順)
持ち物:
ご自身で撮影された作品の写真プリント20〜40枚
*サイズは2Lサイズ〜六つ切でご用意ください。
*プリント余白の有無は問いません。
*フィルム・デジタルどちらで撮影された方でもご参加いただけます。
参加費: 5000円(展覧会入館料は含まれません。)
集合場所: IZU PHOTO MUSEUM受付カウンター

Part 2 川内倫子
開催日: 2017年5月28日(日)
日時、内容等の詳細は後日掲載いたします。お申込み受付開始は掲載後からとなります。

3. 学芸員によるギャラリートーク
日時: 会期中の第2・第4土曜日 各14:15より(約30分間)
料金: 当日有効の入館券のみ必要です。
会場: IZU PHOTO MUSEUM
申し込み不要(当日美術館受付カウンター前にお集まりください。)

※関連イベントの詳細・お申し込みは公式ホームページをご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年04月09日 ~ 2017年08月29日

入場料

一般 800円、大学生・高校生 400円、中学生以下無料

アートスペースの開館時間


水曜休館
年末年始休館。企画展の開催期間以外は休館。 水曜日が祝日の場合は営業、その翌日休館。閉館時間は季節により異なる

アクセス

〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
電話: 055-989-8780 ファックス: 055-989-8783

JR東海道線三島駅下車、北口より無料シャトルバスで25分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

Six Golden Week Getaways

Art around beaches, lakes, and highlands for short GW excursions.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use