「パロディ、二重の声 - 日本の一九七〇年代前後左右 - 」 展

東京ステーションギャラリー

100円

off!

poster for 「パロディ、二重の声 - 日本の一九七〇年代前後左右 - 」 展

47日後終了

1960年代から日本のアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的に流行した「パロディ」。ありとあらゆる文化がパロディに染まったこの現象は、モダンとポストモダンの隙間に開花した徒花であったのか?日本語として定着し、それでいてなお不明瞭なこのパロディという技術または形式を、当時の視覚文化を通じて振り返ります。生々しく具体的な表現と社会の交錯を、多数の珍しい出品作を通じてお楽しみください。会期中には南伸坊、夏目房之介、会田誠ら豪華な顔ぶれによるトークイベントも開催。

[関連イベント]
「パロディ、二重の声」展 特別記念講演会「パロディと私」
講師: 会田誠(美術家)
日時: 2月19日(日) 19:00~(約90分、18:30開場)
聴講費: 無料
定員: 70名
申込方法: 1月28日以降(ただし2月11日・12日を除く)の10:00~18:00、お電話(03-3212-2485)でお申込みください。定員に達し次第受付終了。閉館後のイベントのため展覧会はご覧になれません。


「パロディ、二重の声」展 特別記念講演会「1965年 パロディっていうコトバを はじめてきいた」
講師: 南伸坊(イラストレーター、装丁家、エッセイスト)
日時: 2月26日(日)19:00~ 約90分(18:30開場)
聴講費: 無料
定員: 70名
申込方法: 1月28日以降(ただし2月11日・12日を除く)の10:00~18:00、お電話(03-3212-2485)でお申込みください。定員に達し次第受付終了。閉館後のイベントのため展覧会はご覧になれません。

※関連イベントの詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年02月18日 ~ 2017年04月16日
休館日: 3月20日をのぞく月曜日、3月21日

入場料

一般 900円、大学生・高校生 700円、中学生以下無料

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
金曜日は20:00まで
月曜休館

アクセス

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
電話: 03-3212-2485 ファックス: 03-3212-2058

JR東京駅丸の内中央口よりすぐ(赤煉瓦駅舎内)

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use