「没後30年 鈴木賢二展 昭和の人と時代を描く―プロレタリア美術運動から戦後版画運動 まで」

栃木県立美術館

poster for 「没後30年 鈴木賢二展 昭和の人と時代を描く―プロレタリア美術運動から戦後版画運動 まで」
[画像: 鈴木賢二、「花」、1961年頃、栃木県立美術館蔵]

このイベントは終了しました。

市井の人々をいきいきと描いた鈴木賢二(1906-1987)は、版画家として、彫刻家として、昭和という時代を駆け抜けました。その優れた造形表現は、戦前のプロレタリア美術運動とかかわった漫画やスケッチから、戦後の北関東の版画運動まで、多彩に展開されました。ときに時代の波に翻弄されながら、生涯にわたって、農村に生きる人々や都市の労働者たち、そして子どもたちに愛情豊かな眼差しを向け続けた美術家です。本展は、鈴木賢二版画館 如輪房の全面的な協力を得て、版画、彫刻、資料など約300点で構成し、栃木市ゆかりの美術家の全貌を回顧するものです。

メディア

スケジュール

2018年01月13日 ~ 2018年03月21日

アーティスト

鈴木賢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use