「Blossom Blast 2017 女性であること」展

UltraSuperNew Gallery

poster for 「Blossom Blast 2017 女性であること」展

このイベントは終了しました。

世界的に見ても女性アーティストは、各都市のアート界で大いに影響力を発揮する存在となっています。しかし、女性が活躍できる場所は依然少ないままであり、日本のアート界でも男女格差は顕著です。フリーランスで本格的に活動できている女性アーティストの数は男性と比べるとごく僅かであり、女性アーティストの作品は男性の作品よりも低価格で売買される傾向にもあります。これらの問題は日本だけでなく、世界共通の問題として認知されています。「Blossom Blast」は、女性の夢、熱意、努力を賞賛し、日本の才能あふれる女性アーティストを一人でも多く紹介することを目的とした企画展示です。3月8日 「国際女性デー」 (IWD) に合わせ、TokyoDex と UltraSuperNew ギャラリーは、キュレーター サイトウ・ミキと共に、今年の展示コンセプト 「女性であること」 をテーマに、女性として立ち向かう強さや困難、男女格差の問題を取り扱う作品をご紹介します。

参加アーティスト: Kit Pancoast Nagamura、Sabrina Horak、Miki Saito、Kuristina Culina、Hannah van Ginkel、Rika Shimasaki

メディア

スケジュール

2017年03月01日 ~ 2017年03月18日

オープニングパーティー 2017年03月08日19:00 から 22:00 まで

Facebook

Reviews

Michelle Zacharias tablog review

Blossom Blast – A Feminist Spring

Tokyo's artistic celebration for International Women's Day.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use