所蔵作品展 「動物集合」

東京国立近代美術館工芸館

このイベントは終了しました。

ツル、カメ、貝、トンボ、オシドリ、犬、タカ、虎、龍、鳳凰などなど、工芸には数え出したらきりがないほどの動物たちが登場し、時として、制作に欠かせない素材や道具にも用いられます。ツルカメは長寿、貝は豊穣、トンボは武運というように、モチーフとなる動物には、もともと願いや祈りがこめられてきました。その意味は時代によって変わることもありますが、根底にはいつでも自然界に生きる動物の形や習性があります。近代において作家は、動物のモチーフがそれまでにもっていたイメージによらない作品を制作するようになりました。素材と技法の特性を生かした造形に挑むなかで、卵殻の小さなかけらは柔らかな毛並みへ、たたいた金属の硬質な輝きはタカの勇猛さへと転じました。また作家と動物がより近しくなることで生まれた親しみのこめられた視線は見る人の共感を呼び起こします。
[関連イベント]
アーティストトーク
漆芸家の田口義明さんに、お話しを伺います。
日時: 2017年3月5日(日) 14:00~15:00
※申込不要・参加無料(要当日観覧券)

メディア

スケジュール

2017年02月28日 ~ 2017年05月21日
無料観覧日:3月5日(日)、4月2日(日)、5月7日(日)、5月18日(木)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use