「椿会展2017 - 初心 - 」

資生堂ギャラリー

poster for 「椿会展2017 - 初心 - 」

このイベントは終了しました。

本展は、2013年から資生堂ギャラリーで、毎年春に展覧会を開催してきた「第七次椿会」メンバーによる5回目で最後となる展覧会です。「椿会」は、戦後間もない1947年に、戦時中一時閉鎖されていた資生堂ギャラリーの活動を再開するにあたり企画されたグループ展です。以降、時代とともにメンバー構成を変えながら今日まで継続し、今年70周年を迎えます。「初心」というサブタイトルは、「3.11」から復興していく過程において、初心を問い直す時期にあるのではないかとメンバーと共に話し合い、決めました。「初心」とは、「何かをやろうと思い立った当初の純真な気持」(三省堂『新明解国語辞典』より)。「初心忘るべからず」は、芸の知恵を説いた世阿弥の書に、人生の様々な段階において未経験のことに挑戦していく心構えであることと記されています。展覧会のロゴは、常に「初心」に立ち返る象徴として、グラフィック・デザイナーの仲條正義が毎年新たにデザインしています。

[関連イベント]
「Altneu パフォーマンス」
ゲスト: 島地保武、酒井はな
日時: 5月14日(日) 15:00~16:00
定員: 80名
料金: 参加費無料

「内藤礼 ギャラリートーク」
事前に募った皆様からの質問にお答えします。
日時: 5月24日(水) 18:30~20:00
定員: 80名
料金: 参加費無料
※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年04月04日 11:00 ~ 2017年05月28日 18:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use