「サンシャワー: 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」

国立新美術館

poster for 「サンシャワー: 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
[画像: リー・ウェン「奇妙な果実」(2003)]

このイベントは終了しました。

人口約6億人。経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代アートには、世界から大きな注目が集まっています。国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンターは、ASEAN設立50周年にあたる2017年、国内過去最大規模の東南アジア現代美術展、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催致します。 「サンシャワー(天気雨)」は、晴れていながら雨が降る不思議な気象ですが、熱帯気候の東南アジア地域では頻繁にみられます。また、植民地主義以降の20世紀後半、冷戦下の戦争や内戦、独裁政権を経て近代化や民主化を迎え、近年では経済発展や投資、都市開発が進むなど、さまざまな政治的、社会的、経済的変化を遂げてきたこの地域の紆余曲折とその解釈の両義性に対する、詩的なメタファーでもあります。
多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域では、じつにダイナミックで多様な文化が育まれてきました。自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。 本展は、国立新美術館と森美術館で二館同時開発となります。

メディア

スケジュール

2017年07月05日 ~ 2017年10月23日
金曜日・土曜日は21:00まで

Facebook

Reviews

TABlog Editors tablog review

Summer Night Museum

Tokyo art museums are open late this summer!

Art Beat News tablog review

国立・都立美術館がサマーナイトミュージアムを実施! 夜21時まで開館、イベント多数開催

各館の趣向を凝らしたイベントのほか、併設カフェの割引やミュージアムショップの延長オープンもあり!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use