「生誕150年記念 横山大観 - 東京画壇の精鋭 - 」

山種美術館

poster for 「生誕150年記念 横山大観 - 東京画壇の精鋭 - 」
[画像: 横山大観「作右衛門の家」山種美術館]

このイベントは終了しました。

近代日本画の第一人者、横山大観の生誕150年と没後60年を記念した展覧会です。江戸時代末期に常陸国(茨城)水戸藩士の家に生まれた大観は、東京美術学校に第1期生として入学。明治維新による激しい西洋化のなか岡倉天心に師事し日本美術院へ参加、再興に尽力するなど、生涯を通して日本画の発展につとめました。本展では山種美術館の創立者、山崎種二が大観との交流を通して収集した作品全40点と、安田靫彦、東山魁夷ら東京画壇を代表する画家たちの作品を展示します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年01月03日 ~ 2018年02月25日
1月8日(月)・2月12日(月)は開館、1月9日(火)・2月13日(火)は急患

Facebook

Reviews

Mac Salman tablog review

Nihonga Lost and Found

How Taikan Yokoyama redefined Japan's painting tradition

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use