柳本浩市「アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」

six factory

poster for 柳本浩市「アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」
[画像: 世界各国の牛乳パック。無印良品 池袋西武 企画展「STOCK展」より 柳本浩市 自宅 Photo : Gottingham]

8日後終了

2016年3月に46歳で急逝された、デザインディレクター、柳本浩市氏を追悼する展覧会「柳本浩市展」“アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの”を、2017年4月29日(土・祝)~6月4日(日)まで、東京都自由が丘の six factoryにて開催いたします。
柳本浩市氏は、2002年に出版やプロデュースを行う自身のレーベル Glyph.(グリフ)を立ち上げ、Glyph.名義での出版や、企業との商品開発、展覧会のプロデュースなどで多くの実績を残しました。同時に多様なジャンルの収集家として知られ、その収集物が展覧会や各種媒体で紹介されるなど、価値の高さが広く認められていました。膨大な知識の持ち主でもあり、収集物と知識を生かしたいっそうの活躍が期待されていました。 本展では、柳本氏をアーキヴィスト(ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイヴをつくり、未来へ発展させていく人)として捉え、彼の遺品を通してその思想と活動を伝えていきます。
会場では、柳本浩市氏が自ら作成し、自宅に保管していた資料ファイルを公開。来場者は実際に手に取って貴重な内容を見ることができます。そこには 多様な領域の記事や文献とともに、伝説的エアライン「ブラニフ」や過去のオリンピック関連の印刷物なども含まれています。また、世界各国のスーパーマーケットや郵便局などで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなども展示し、様々なアイテムを図書館のように分類と関連性をもって展示します。
また本展に合わせて冊子「YANAGIMOTO KOICHI - ARCHIVIST’ S VISION」(2000部限定)を製作し、「ファイリング」「トラベル」「ポストモダン」などのいくつかのキーワードを手がかりにアーキヴィストとしての柳本浩市氏の功績を紹介します。故人を追悼するとともに、その活動の意図がいかに未来に向けられていたかを考察していきます。
なお、本展の制作費用は、協賛企業からのご協力に加え、クラウドファンディングを活用する予定です。

メディア

スケジュール

2017年04月29日 12:00 ~ 2017年06月04日 18:00
開館時間 12:00〜18:00、会期中無休

オープニングパーティー 2017年04月29日12:00 から 17:00 まで

アーティスト

柳本浩市

入場料

一般 500円、大学生 200円、高校生以下無料

アートスペースの開館時間


イベントにより異なる

アクセス

〒152-0023 東京都目黒区八雲3-23-20

東急東横線・東急大井町線自由ヶ丘駅正面口より徒歩12分、東急東横線都立大学駅北口より徒歩13分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use