「日本のアートディレクション展 2018」

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

poster for 「日本のアートディレクション展 2018」

7日後終了

日本のアートディレクション展 2018は、昨年までADC展として開催されていた、当ギャラリー恒例の企画で、広告・デザイン界で注目されているイベントのひとつです。今年より名称がかわり、日本のアートディレクション展 2018となりました。ADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は1952年に設立、日本を代表するアートディレクター80名により構成されています。この全会員が審査員となって行われる年次公募展が日本のアートディレクション展 2018で、ここで選出されるADC賞は、日本の広告やグラフィックデザインの先端の動向を反映する賞として、国内外の注目を集めています。今年度も、2017年5月から2018年4月までの一年間に発表、使用、掲載された約8,000点の作品の応募があり、ADC会員の3日間にわたる厳正な審査により、受賞作品と年鑑収録作品が選出されました。ここで選び抜かれた受賞作品、優秀作品を、『Art Direction Japan/ 日本のアートディレクション 2018』刊行に先駆け、ggg[会員作品]とG8[一般作品]の2つの会場でご紹介いたします。

会場: ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg) [会員作品]、クリエイションギャラリーG8(G8) [一般作品]

[関連イベント]
ギャラリートーク
日時: 11月19日(月)18:30〜20:00
出演: 大貫卓也、服部一成、中村至男、吉田ユニ
会場: DNP銀座ビル3F
参加費: 無料
定員: 先着70名
※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2018年10月29日 ~ 2018年11月22日

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
土曜日は18:00まで
日曜・祝祭日休館

アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
電話: 03-3571-5206 ファックス: 03-3289-1389

地下鉄/銀座線、日比谷線、丸ノ内線「銀座」駅から徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援