「開館30周年記念特別展 『ポーラ美術館コレクション -モネ、ルノワールからピカソまで- 』」

茨城県近代美術館

poster for 「開館30周年記念特別展 『ポーラ美術館コレクション -モネ、ルノワールからピカソまで- 』」
[画像: ピエール・オーギュスト・ルノワール「レースの帽子の少女」(1891年) ポーラ美術館蔵]

4日後終了

「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトとするポーラ美術館の西洋絵画コレクションは、国内随一ともいえる質の高さを誇ります。本展覧会では、モネ,ルノワールなど印象派の名品をはじめ、マティス、ピカソらの20世紀絵画に至るまで、同コレクションから72点を選りすぐり、フランス近代絵画の魅力を紹介します。本展では71点の絵画と1点の彫刻を、「Ⅰ 印象派の誕生:モネとルノワール」「Ⅱ 色彩の解放:セザンヌからフォーヴへ」「Ⅲ 造形の冒険:ピカソとブラック」という3つの章によって構成し、展覧いたします。会期中にはポーラ美術館館長・木島俊介氏や美術史家・高階秀爾氏の講演会をはじめ、30周年記念特別展に相応しい企画をご用意しました。
出品作家:ギュスターヴ・クールベ、ウジェーヌ・ブーダン、カミーユ・ピサロ、 エドゥアール・マネ、ポール・セザンヌ、アルフレッド・シスレー、クロード・モネ、アルマン・ギヨマン、ピエール・オーギュスト・ルノワール、ポール・ゴーガン、ピエール・ボナール、アンリ・マティス、アルベール・マルケ、モーリス・ド・ヴラマンク、キース・ヴァン・ドンゲン、ラウル・デュフィ、パブロ・ピカソ、オーギュスト・エルバン、ジョルジュ・ブラック、キスリング
[関連イベント]
(1)オープニングセレモニー
日時: 9月4日(火) 9:10〜9:30
会場: 2階企画展示室前
内容: オープニングセレモニー(テープカット)
(2)ポーラ美術館学芸員によるスペシャルギャラリートーク
日時: 9月4日(火) 10:00〜11:00
会場: 2階企画展示室
講師: 今井敬子氏(ポーラ美術館学芸課長)
定員: 無し
申込: 申込不要,要企画展チケット
(3)当館学芸員によるギャラリートーク
日時: 9月22日(土) 14:00〜15:00
会場: 2階企画展示室
講師: 澤渡麻里(当館主任学芸員)
定員: 無し
申込: 申込不要,要企画展チケット
(4)企画展記念講演会「1910 年代フランス モネやピカソが生きた激動の時代」
日時: 9月30日(日) 14:00〜15:30
会場: 地階講堂
講師: 木島俊介氏(ポーラ美術館館長,本展監修者)
定員: 先着250 名
申込: 事前申込(来館・往復ハガキ・FAX・メール)、参加無料
(5)開館30周年記念特別講演会「西洋美術の日本における受容」
日時: 10月14日(日) 14:00〜15:30
会場: 地階講堂
講師: 高階秀爾氏(美術史家・大原美術館館長)
定員: 先着250名
申込: 事前申込(来館・往復ハガキ・FAX・メール)、参加無料
*詳しくは公式ホームページをご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年09月04日 ~ 2018年11月18日

オープニングパーティー 2018年09月04日9:10 から 9:30 まで

ホームページ

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 1190、満70歳以上 590円、大学生・高校生 980円、中学生・小学生 480円

アートスペースの開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館

アクセス

〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
電話: 029-243-5111 ファックス: 029-243-9992

JR水戸駅南口から徒歩15分、JR水戸駅北口8番乗り場からバス「文化センター入り口」下車徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援