「島の記憶 – 1970~90年代の台湾写真」展

清里フォトアートミュージアム

poster for 「島の記憶 – 1970~90年代の台湾写真」展

40日後終了
本日(火曜日)休館

多彩な島々から成る変化に富んだ島 ― 台湾。アジアの中でも、写真文化の発展が著しい台湾を代表する11人の現代写真家による展覧会を開催いたします。台湾の1970~90年代は、戦後38年にわたる戒厳令の時代を経て、民主化へ向かう“湧き上がる時代”と呼ばれています。この間の政治的な変化は、台湾における写真表現にも大きな影響を与えました。11人の写真家は、この時代の人々をどのように凝視したのか。様な民族と社会現象を深く見つめ、郷土愛に貫かれたその眼差しは、台湾の文化的アイデンティティの貴重な記録であると同時に、表層下に潜む熱気と新しい“台湾意識”を伝えています。本展のほぼすべての作品が日本および台湾において初公開の作品です。

メディア

スケジュール

2018年07月07日 ~ 2018年12月02日

ホームページ

http://www.kmopa.com/?p=6384

入場料

一般 800円、大学生 600円、中学生・高校生 400円

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
火曜休館
火曜日が祝日の場合は開館

アクセス

〒407-0301 山梨県北巨摩郡高根町清里 3545-1222
電話: 0551-48-5599 ファックス: 0551-48-5445

JR中央本線小淵沢駅にてJR小海線乗り換え清里駅下車タクシーで約10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援