「ケ・ブランリ・トウキョウ『未開の眼 - 擬人化に傾く造形思考』」展

インターメディアテク

poster for 「ケ・ブランリ・トウキョウ『未開の眼 - 擬人化に傾く造形思考』」展
[画像: © musée du quai Branly - Jacques Chirac, photo Claude Germain]

118日後終了
本日(月曜日)休館

第六回ケ・ブランリ・トウキョウでは、ナイジェリアの木彫コレクションを展示します。
ケ・ブランリ・トウキョウについて:
世界中にはさまざまな文明が生み出した力強く不思議な形態が存在する。その多様性は驚くばかりであるが、これらを日本で目にする機会は少ない。そこで、パリのケ・ブランリ・ジャック・シラク美術館のコレクションから選りすぐりのアイテムをここに展示し、ひとつの邂逅の場として設えた。この展示は、周囲の東京大学コレクションと時に共鳴し、時に対立することで、見る者に対し、人類が大いに関心を寄せるべき問題を投げかけるだろう。本プロジェクトはケ・ブランリ・ジャック・シラク美術館とインターメディアテクとの新たな文化的・学術的協働からなる。これによって、フランス国立ミュージアムが東京の中心に長期的活動拠点を獲得することになった。人々がもつ既存の世界観の転換を図るべく、アフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカの諸地域から象徴的なアイテムを選定し、定期的に展示更新を行う予定となっている。本拠点がすべての文化、時代、領域の交叉する創造的結節点として機能するために、ケ・ブランリ・ジャック・シラク美術館とインターメディアテクはいままでにない方法論を共有し、分野横断型のミュージアム活動を推進していく。

企画: 東京大学総合研究博物館+ケ・ブランリ・ジャック・シラク美術館
後援: クリスチャン・ポラック氏+株式会社セリク

メディア

スケジュール

2018年01月23日 ~ 2019年04月14日

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から18:00まで
金曜日は20:00まで, 土曜日は20:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年始年末休館、その他館が定める日

アクセス

〒100-7003 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー2階・3階
電話: 03-5777-8600

JR東京駅丸ノ内南口より徒歩1分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援