「初期伊万里-大陸への憧憬」展

戸栗美術館

poster for 「初期伊万里-大陸への憧憬」展
[画像: 白磁 皿 伊万里 江戸時代(17世紀前期) 口径20.3㎝ 戸栗美術館所蔵]

31日後終了

日本初の国産磁器として佐賀・有田で誕生した伊万里焼。誕生した1610年代から、1630年代頃までの草創期の作品群を「初期伊万里」と呼んでいます。伊万里焼は、朝鮮出兵(1592~93/1597~98年)の際、製磁技術を持った朝鮮人陶工を連れ帰ったことにはじまるといいます。その一方で、描かれた文様は中国風の画題が主。朝鮮の技術をもって製作しながらも、初期伊万里が目指したのは中国風の磁器でした。 今展では中国・朝鮮陶磁を含む約80点の作品から初期伊万里の中に垣間見える朝鮮からの影響、中国への憧れを中心に、初期伊万里の魅力をご紹介いたします。

メディア

スケジュール

2019年01月08日 ~ 2019年03月24日
金曜日は20:00まで開館

ホームページ

http://www.toguri-museum.or.jp (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般1000円、大学生・高校生700円、中学生・小学生400円

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合開館、翌火曜日休館。展示替期間中・年末年始休館

アクセス

〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-11-3
電話: 03-3465-0070 ファックス: 03-3467-9813

渋谷駅より徒歩10分、京王井の頭線神泉駅より徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援