マグダ・セイエグ「六本木ヒルズ15周年記念インスタレーション」

六本木ヒルズ

poster for マグダ・セイエグ「六本木ヒルズ15周年記念インスタレーション」
[画像: Rendering, Louise Bourgeois’s 1999 bronze sculpture Maman wrapped in fabric by Magda Sayeg in a temporary installation at Roppongi Hills, Tokyo, April-May 2018. © The Easton Foundation/Licensed by JASPAR, Tokyo and VAGA, New York]

このイベントは終了しました。

六本木ヒルズのシンボルとして、また待ち合わせ場所として定着している66プラザのルイーズ・ブルジョワによる巨大彫刻《ママン》や、広場の環境が、新進気鋭のテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により、まったく新しい風景に生まれ変わります。セイエグは、日常的な都市空間を、毛糸の編み物で覆い、街の見え方が一変されるアートプロジェクトを続けており、今回がアジアで初めての展示となります。
会場: 六本木ヒルズ66プラザ

メディア

スケジュール

2018年04月25日 ~ 2018年05月27日

アーティスト

マグダ・セイエグ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use