「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」

東京都庭園美術館

poster for 「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」

このイベントは終了しました。

ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人々が作る一木造りの椅子は、動物のフォルムや機能的なフォルムに独特な幾何学模様が施されています。彼らにとっての椅子は生活や伝統、神話と色濃く結びついており、コミュニティ内の文化的・社会的なシンボルでした。それが今日、コミュニティ外からの刺激で用途や伝統に縛られないより多様かつ自由な表現が生まれています。本展は、サンパウロに拠点を持つ美術・建築の出版社「ベイ出版」のコレクショから先住民の椅子約90点展示し、その造形に人間の豊かな想像力の発露を読み取ります。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年06月30日 ~ 2018年09月17日
7月20日〜8月31日の毎週金曜は21:00まで開館

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

都立の博物館・美術館が21時までオープン!「サマーナイトミュージアム」が今年も開催

東京都江戸東京博物館、東京都庭園美術館、 東京都美術館、東京都写真美術館の4館が参加

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use